初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

インターウェッテン・ホンダ、代役ライダーを模索中

インターウェッテン・ホンダ、代役ライダーを模索中

青山の代役にRC212V経験者のデ・アンジェリスが浮上。ザクセンリンクからの参戦に向けて、交渉を進めている。

インターウェッテン・ホンダは、第8戦ドイツGPからの起用する青山博一の代役ライダーを探し、複数のライダーと交渉している。

第5戦イギリスGPで負傷した青山の代役として、新規参戦チームは、HRCのテストライダー、秋吉耕佑を第6戦TTアッセンから2戦に起用。第8戦ドイツGPからに関しては、代役ライダーが決定していない。

チームマネージャーのダニエル・エップは、「秋吉はバルセロナでもホンダに乗ります。アッセンは彼にとって初めてのトラックでしたが、バルセロナは知っています。楽しみです。それに、バレンティーノ・ロッシの代役に、ヤマハのテストライダーが参戦を開始しますので、彼らの走りに興味があります」と、説明。

「バルセロナの後に関しては、MotoGPクラスの経験がある代役ライダーを探していますが、まだ決定していません。現在、交渉中ですが、ヒロが復帰するまでの代役が必要です。」

今季、サンマリノ・チーム・スコットからMoto2クラスに参戦するアレックス・デ・アンジェリスは、候補の1人として、交渉中であることを認めた。

「インターウェッテン・ホンダへの行くことは簡単ではない。現在所属するチームが、僕を自由にしなければいけないから。これが最初の障害。それに、バルセロナには、インターウェッテン・ホンダと交渉するために、弁護士が来で、合意を探すつもりだ」と、最高峰クラス再挑戦への意欲を語った。

「全てが可能だけど、簡単ではない。僕はMotoGPに参戦し、そこに戻ることは夢だけど簡単ではない。5、6戦に参戦した後のことが決まっていない。重要なのは、代役として数戦に参戦した後、MotoGPのどのチームでもいいので、走れる解決策を見つけること。これはもっと難しい。」

Tags:
MotoGP, 2010, TIM TT ASSEN, Alex de Angelis, Interwetten Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›