初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

吉川和多留、2002年以来2度目の挑戦

吉川和多留、2002年以来2度目の挑戦

王者ロッシの負傷代役に指名された吉川は、実戦の舞台で開発に着手する。

ヤマハの開発ライダー、吉川和多留は、フィアット・ヤマハからバレンティーノ・ロッシの負傷代役として、第7戦カタルーニャGPから参戦を開始する。

19番グリッドから12位でフィニッシュした2002年10月にツインリンクもてぎで開催された第13戦パシフィックGP以来となる2度の挑戦を前に、「スペインでM1を乗れることになり、とても楽しみ」と、抱負を語った。

「もちろん、バレンティーノの怪我は残念です。MotoGPは2002年にもてぎで1度だけ走ったことがあるだけで、バルセロナは初めて。」

「フィアット・ヤマハはここまで非常に好調で、その成績を見れば、ヤマハが冬の間に行った開発作業の充実ぶりが良く分かる。そして、この段階で僕がレースに参戦することで、今後の開発にも、きっと大きな助けになるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›