初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・チーム、2&8番手スタート

ドゥカティ・チーム、2&8番手スタート

リアグリップの有無がリザルトを左右。ストーナーが、2番時計を刻んだ。

ドゥカティ・チームのケーシー・ストーナーとニッキー・ヘイデンは、第7戦カタルーニャGPのフリー走行1で、2番手と8番手だった。

前戦、今季表彰台を獲得したストーナーは、1番に1分44秒台を突破すると、1分43秒台を8度記録。

「今までにところ、全てがすごくいい感じ。グリップはグッド。バンプがそれほど多くないことにすごく感動した。明日コースに出ることが楽しみだ。もっと良くすることができれば、レースに向けて、戦闘的になれるだろう」と、自信を見せた。

「ここ2戦は十分に速かったけど、不運にも、バッドなスタートと前腕上がりに見舞われたから、これ以上の言い訳は必要ない。レースに向けて、ベストセッティングを見つけなければいけない。」

細かい調整で、徐々にタイムを伸ばしたヘイデンは、終盤に1分44秒台を3連発。

「グレートなセッションだったと言うことができない。リアのグリップを見つけることに苦労した。コーナーの真ん中で、グレートなトラクションをもたらしてくれず、大きくロスした」と、1.181秒差の8番時計だった理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Nicky Hayden, Casey Stoner, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›