初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:M.マルケス、地元グランプリ好発進

フリー走行1:M.マルケス、地元グランプリ好発進

マルケスが、ライバルたちを1秒以上も引き離す圧倒的なリズムを刻んだ。

第7戦カタルーニャGPのフリー走行1は2日、カタルーニャ・サーキットで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温36度。路面温度46度のドライコンディションの中、前戦で3連勝を達成したマルケスは、1分51秒台のリズムを刻むと、1分51秒219の1番時計を記録。ホームグランプリの初制覇に向けて、勢いを持ち込んだ。

スペイン選手権出身のブラドリー・スミスは、0.246秒差の2番手。ポイントリーダーのニコラス・テロールも1分52秒台を突破すれば、ランク2位のポル・エスパルガロまでが、1分52秒台のリズムで続き、エフレン・バスケスは、2.052秒差の5番手。

昨年型落ちマシンでRSAに唯一対抗したジョナス・フォルガー、サンドロ・コルテセ、ヨハン・ザルコ、ランディ・クルメンナッハ、エステベ・ラバットがトップ10入り。

クラス最多の通算90戦目を迎えるクラス最年長27歳の小山知良は、3年前に初優勝を飾った舞台に挑戦。初セッションは、2.577秒差の11番手だった。

Tags:
125cc, 2010, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, FP1

Other updates you may be interested in ›