初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:M.マルケス、勢い止まらず

フリー走行2:M.マルケス、勢い止まらず

初日より1秒速いリズムを掴み、連続の1番時計を刻んだ。

第7戦カタルーニャGPのフリー走行2は3日、カタルーニャ・サーキットで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度30度のドライコンディションの中、ライバルたちに約1秒のアドバンテージをつけるリズムを刻み、フリー走行1を制したマルケスは、3度目のコースインで1分50秒台のリズムで周回。1分50秒043の1番時計を記録した。

ポイントリーダーのニコラス・テロールは、0.858秒差の2番手に浮上。ポル・エスパルガロまでが、1分41秒台のリズムに掴み、エフレン・バスケスはポジションをキープ。スペイン勢が上位を独占した。

初日2番手だったブラドリー・スミスは、終盤に転倒を喫して、サンドロ・コルテセに次ぐ6番手に後退。ランディ・クルメンナッハ、エステベ・ラバット、ルイス・サロン、ヨハン・ザルコがトップ10入り。

3年前に初優勝を飾った舞台に戻ってきた小山知良は、2.483秒差で、ポジションをキープする11番手だった。

Tags:
125cc, 2010, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, FP2

Other updates you may be interested in ›