初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、ブレーキトラブルで出遅れ

D.ペドロサ、ブレーキトラブルで出遅れ

ホームレースのスタートでトップに飛び出したが、ブレーキトラブルに見舞われて、優勝争いができなかった。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、4番グリッドから2位。2戦連続4度目の表彰台を獲得した。

朝のウォームアップ走行で1番時計を獲得した後、2列目から得意のスタートで、ライバル3人を抜き、トップに飛び出したが、1コーナー手前でフロントブレーキパットのトラブルにより、コースアウト。10番手まで後退したが、優勝したホルヘ・ロレンソに匹敵するリズムでポジションを巻き返した。

「グッドなスタートで、トップに立ったけど、何もストレンジなことがなかったけど、1コーナーの手前のグレーキングで、ブレーキがなかった!あまり強烈な振動がなかったから、すごく驚いた。リアクションを起こすまで、何度もブレーキレバーにプレッシャーをかけた」と、コースアウトの原因を説明。

「エスケープゾーンを利用したけど、ペナルティを科せられたくなかったから、ゆっくり戻った。そこから、一刻も早くポジションを巻き返すことにトライして、ストーナーがミスして抜いてからは、彼と2位争いになった。全力でプッシュしたけど、フロントタイヤが何度も警告してきた。」

「1ラップ目の問題の後で、この2位に嬉しい。2戦連続のグッドリザルト。これが目標だった。これからは、この流れを継続して、優勝争いをしなければいけない。」

ランク2位を維持したペドロサは来週末、昨年8番グリッドから3位表彰台を獲得したドイツGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›