初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

サンカルロ・ホンダ・グレシーニ、両雄が39ポイントで並ぶ

サンカルロ・ホンダ・グレシーニ、両雄が39ポイントで並ぶ

メランドリが2戦ぶりにポイントを獲得すれば、シモンセリが初めて0ポイントに終わった。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのマルコ・メランドリとマルコ・シモンセリは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、9位と転倒リタイヤだった。

前戦で左肩を脱臼したメランドリは、初日に23ラップを走行。周囲の不安を一掃すると、14番グリッドから追い上げのレースとなった。

「厳しいレースだった。スタートからすごく上手く走れたけど、ブレーキが難しかった。グッドなリズムでスピースとカピロッシと一緒に走れたけど、2度のミスで肩が痛くなり、ほとんど右腕だけで走らせた」と、説明。

「フロントのグリップが低下し始め、すごく厳しくなり、ヘイデンを抜いて、ポジションを上げようとトライしたけど、問題があり過ぎて、ほとんど不可能だった。」

トップ5入りを目標に設定したシモンセリは、新型シャーシと新型フロントフォークを投入。8番グリッドから6番手走行中の14ラップ目に転倒を喫した。

「期待するリザルトを獲得できただろう。1分44秒前半で走れ、上位陣に接近できた。ド・プニエを捕まえたけど、ブレーキングでフロントから転んでしまった。恥ずかしい。」

「今日は4位でフィニッシュすることができた。この3戦でビックステップを果たしたのは確かだけど、ミスは起こりえること。初めてのレースクラッシュで、二度と繰り返したくない。」

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Marco Simoncelli, Marco Melandri, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›