初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.イアンノーネ、黄旗無視で3勝目逃す

A.イアンノーネ、黄旗無視で3勝目逃す

サインボードが理解できず、独走優勝のチャンスを逃した。

FIMMCO・スピードアップのアンドレア・イアンノーネは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、ポールポジションから13位。黄旗無視により、2戦連続、今季3度目のポール・トゥ・ウインを逃した。

昨年125ccクラスで優勝を飾った舞台に、勢いに乗って戻って来ると、2戦連続のトップグリッドを獲得したが、2ラップ目のメインストレートで、オープニングラップに発生した多重クラッシュの処理のために、警告された黄旗提示区間で、フリアン・シモンを抜いたことから、7ラップ目からポジションを1つ落とすことをチームのサインボードから指示されていたが、内容が理解できず、一時は、2番手に4.037秒差のアドバンテージを広げ、独走していたが、16ラップ目にライドスルーのペナルティを科せられ、コースに戻った時には、23.607秒差の17番手に後退した。

「指示されていることが理解できなかった。これがリザルトに影響してしまった。チームと僕を信じてくれたみんなに謝りたい」と、意気消沈気味にレースを振り返った。

「起きてしまったこととレースの終わり方に残念。ライバルたちよりも強かったことだけが、僕を幸せにしてくれる。チームは良い仕事をしてくれ、僕が望むバイクに、勝てるバイクに仕上げてくれた。」

終盤に4人を抜いて、3ポイントを稼いだイアンノーネは、6日からモーターランド・アラゴンで開催される合同テストに参加する。

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Andrea Iannone, Fimmco Speed Up

Other updates you may be interested in ›