初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ヴィライロー、ビモータの開発に着手

R.ヴィライロー、ビモータの開発に着手

プレシーズンが出遅れたことから、開発とデータ収集の目的も兼ねて、2日間のテストに参加した。

タイ・ホンダ・PTT・シンハー・SAGのラタパー・ヴィライローは、アラゴン合同テストに参加。トラックの学習とビモータの開発テストに専念した。

チームのホームレースとなった第7戦カタルーニャGPでは、8番グリッドから多重クラッシュの影響を受け、26番手に後退。12番手まで浮上した直後の10ラップ目に転倒を喫したが、第13戦アラゴンGPの舞台で行われた2日間のテストでは、リタイヤのうっ憤を晴らすように、合計123ラップを走行した。

プレシーズンのスタートが出遅れ、テストを実施したのは、開幕前のヘレスのみだったことから、「有意義なテストだった。開幕前に十分なテストができなかったから、今後のレースに立ち向かうためのデータを収集でき、グレートなベースが整った」と、18番時計を記録したテストを振り返った。

「アラゴンの第一印象は、あまり良くない。あまりにも暑いので、速く走るのに苦労したけど、トラックを学ぶのに役立った。異なるセッティングとパーツをたくさん試したから、今後の開発と仕事に役立つだろう。」

マキンサ‐SAGは、ベルナト・マルティネスの解雇を検討。今回は、アンヘル・ロドリゲスがビモータのテストを走らせたが、9人のライダーたちと接触。交渉を開始した。

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMIO A-STYLE DE ARAGON, Ratthapark Wilairot, Thai Honda PTT Singha SAG

Other updates you may be interested in ›