初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアス、来季最高峰クラス復帰を強調

T.エリアス、来季最高峰クラス復帰を強調

最高峰クラスに再挑戦するデ・アンジェリスに声援を送り、来年は今年の成績に関係なく、復帰することを主張した。

グレシーニ・レーシングのトニ・エリアスは、アラゴン合同テストに参加。来季、最高峰クラスに復帰することを強調した。

第7戦カタルーニャGPで4番グリッドから5位。ホームレースのリザルトに失望した後、モーターランド・アラゴンに移動して、2日間のテストを行い、総合4番手に入った。

「セッティングを改善するためのテストが必要だったけど、新しいパーツを試す機会にも恵まれた。すごく良かった。グッドなリザルトに反映されることを期待する」と、テストを評価。

「トラックはファンタスティック。他のトラックを思い出すセクションがあった。アップダウンも高低速のコーナーもある。バイクが完璧に機能しなければいけないけど、ライディングが大きな違いを出すと思う。」

昨季のチームメイトだったアレックス・デ・アンジェリスの負傷代役については、「彼を嬉しく思う。僕たちはライバルだったけど、それ以上にチームメイトだった。今年はすごく運がない。僕から見ると、転倒もバイクも、彼の責任ではない。これは彼にとって絶好の機会。上手く活かして欲しい」と、声援を送った。

「正直、今年はMoto2クラスのみ。チャンピオンシップに勝っても、勝たなくても、来年はMotoGPクラスにいたい。もし、僕を起用したいところがあれば、声を大にして言うよ。僕はここにいる!」

Tags:
Moto2, 2010, Toni Elias, Gresini Racing Moto2

Other updates you may be interested in ›