初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、復帰の決断は水曜の検査次第

V.ロッシ、復帰の決断は水曜の検査次第

2度目のテストで、ポジティブなパフォーマンスを披露。水曜の検査で、ドイツGP参加を決断する。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは12日、チェコ・ブルノでプライベートテストを行い、今週末の第8戦ドイツGPへの参戦を視野に入れ、負傷の回復具合を確認した。

ミサノ・ワールド・サーキットで実施した5日前のテストに続き、2度目のテストでは、ヤマハ・ワールドスーパーバイク・チームのカル・クラッチローが使用するR1(ピレリのレースタイヤ装着)を使用。

3度のコースインで、合計46ラップを走行。ベストタイムは1分59秒135だった。

「テストの展開に満足。ミサノよりもすごくいい感じだった。先週のテストは非常に辛かったけど、テストとテストの間に5日間あり、日増しに良くなっている。足首も肩も、それほど痛くなかった」と、ロッシはテスト後に感想を語った。

第8戦ドイツGPへの復帰については、14日にレントゲン検査を受けた後に決定する。

「水曜にドイツで走るか、走らないかの決断を下す。フルレースは、違うヒストリーになるだろう。だけど、回復具合を確認する2日間がある。」

「2レースに走ることは、ブルノに向けて、ベストコンディションを持って行くために重要だけど、全面的な戦闘力に持って行くには、ミサノまで待たなければいけないだろう。」

スーパーバイク世界選手権
公式予選: 1分59秒277 (ドゥカティ)
スーパーポール: 1分58秒018(ヤマハ)
レース1ファーストラップ: 1分59秒964 (ヤマハ)
レース2ファーストラップ: 1分59秒291 (ヤマハ)

Tags:
MotoGP, 2010, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›