初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第8戦ドイツGP‐MotoGPクラスプレビュー

第8戦ドイツGP‐MotoGPクラスプレビュー

今季初の左周りトラックとなるザクセンリンクで、サマーブレーク直前の2連戦がスタート。回復状況次第では、昨年の勝者ロッシが復帰する。

第8戦ドイツGPは今週末、13年連続開催となるザクセンリンクで開催。ホルヘ・ロレンソが6戦連続して、ポイントリーダーとして登場する。

昨年の勝者バレンティーノ・ロッシは、右脚脛骨の開放骨折により、欠場が続いているが、回復具合を確認するため、先週ミサノでテストを実施。同大会からの復帰を視野に入れ、12日にブルノで2度目のテストを行う。

開幕から表彰台を連取するロレンソは、前戦で最高峰クラス初、キャリア2度目となる3戦連続のポール・トゥ・フィニッシュを達成。昨年0.099秒差で優勝を逃した舞台に挑戦する。

ランク2位のダニ・ペドロサとランク3位のアンドレア・ドビツィオーソは、RC212Vの高い戦闘力を証明。ペドロサはスタート直後にミスを犯したが、ハイペースでポジションを奪回。ドビツィオーソは、転倒を喫するまで 優勝争いを演じていた。

ランク4位のニッキー・ヘイデンにとっては、待望の左周りトラック。地元ラグナセカを前に、過去に好成績を挙げているザクセンリンクで、弾みつけたいところ。

開幕から好パフォーマンスを披露するプライベート勢トップのランディ・ド・プニエは、前戦でニューシャーシが投入され、今季最高位4位を獲得。安定した速さで、ファクトリー勢に対抗する。

2戦連続の3位により、ランク6位に浮上したケーシー・ストーナーは、ドゥカティ退団とホンダ入りを発表。上位陣の中で、1番に来季の就任が決定した。

新人勢首位のベン・スピースにとっては、初のザクセンリンク挑戦。素早い順応性を発揮して、上位進出を狙う。

前戦でニューシャーシが投入されたマルコ・シモンセリは、2年連続して、ポール・トゥ・ウインを決めた得意舞台に臨む。

第6戦TTアッセンで左肩を脱臼したマルコ・メランドリと、第2戦スペインGP後に負傷した左肩を負傷したアルバロ・バウティスタは、治療とリハビリに専念。体調を整え、2連戦に挑戦する。

今大会から青山博一の負傷代役に、アレックス・デ・アンジェリスが抜擢。吉川和多留の代役参戦は、ロッシの負傷回復次第となる。

Tags:
MotoGP, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›