初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第8戦ドイツGP‐125ccクラスプレビュー

第8戦ドイツGP‐125ccクラスプレビュー

破竹の連勝でポイントリーダーに飛び出したマルケスを中心に、ヤングライダーたちが夏休み前のグランプリに挑戦する。

第8戦ドイツGPは今週末、ザクセンリンクで開催。マルク・マルケスが初めてポイントリーダーとして登場する。

前戦で4連勝を達成し、バレンティーノ・ロッシが樹立した史上最年少の4連勝と3戦連続ポールポジションの記録を塗り替えたマルケスは、2日間のアラゴンテストでも1番時計を連発。ライバルたちを圧倒する強さと速さを見せた。

マルケスの勢いを阻止したいライバル勢の1番手は、1ポイント差のポル・エスパルガロ。6戦連続の表彰台連取と安定感が増し、テストでも2番手に進出した。

ランク3位に後退したニコラス・テロールは、腰椎を骨折。退院したが、今大会の参戦については、近日中に決断を下す。

スペイン勢に対抗するブラドリー・スミスは、前戦で今季最高位の2位を獲得。サンドロ・コルテセとランディ・kルメンナッハにとっては、ホームレースとなる。

今季最高位の6位を獲得した小山知良にとっては、チームのホームレース。KTMを走らせた2006年には2位を獲得しているトラックで、上位進出を狙う。

Tags:
125cc, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›