初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ストップ&ゴー、ライダー変更を発表

ストップ&ゴー、ライダー変更を発表

契約違反により、ライダー変更を決断。スペイン選手権でロレンソのサポートを受けるカルドゥスが抜擢された。

マキンサ‐SAGは15日、ベルナト・マルティネスとの契約解除。第8戦ドイツGPから、リカルド・カルドゥスを起用することを発表した。

スペイン選手権エクストリュームクラスでランク2位を獲得したバレンシア出身のマルティネスは、30歳でグランプリデビューを飾ったが、同クラス出身のケニー・ノエスや同選手権スーパースポーツクラス出身のヨニー・エルナンデェスが、存在感をアピールするパフォーマンスを披露した中、7戦までの最高位は、シルバーストンの25位。

アラゴン合同テストでは、アンヘル・ロドリゲスがテストライダーとして召集され、ビモータを走行していた。

スパニッシュチームは、契約違反により、解雇したマルティネスの後任に、スペイン選手権Moto2クラスでランク6位のカルドゥスを指名。第7戦カタルーニャGPでは、ステファノ・ブラドルに負傷代役に抜擢され、27番グリッドから23位でフィニッシュしていた。

125ccクラスで3度のワイルドカード経験を持つ23歳のスペイン人ライダーは、バルセロナ出身。ホルヘ・ロレンソのトレーニングパートナーを務める。

Tags:
Moto2, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Maquinza-SAG Team

Other updates you may be interested in ›