初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「2度のテストよりもアジャイルだった」

V.ロッシ:「2度のテストよりもアジャイルだった」

負傷を感じさせない快走を見せただけでなく、好リズムで周回を重ね、上位進出の可能性を証明した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第8戦ドイツGPのフリー走行1で、7番時計を記録した。

第4戦イタリアGPのフリー走行2以来、41日ぶりにM1を走らせると、1度目のコースインで1分24秒台を突破。

ペドロサ、ストーナー、ロレンソに続くリズムで周回を重ね、最終29ラップ目には、1分29秒244を記録した。

「2度のテストよりも、アジャイル(素早い)だったことを確認したから、すごく嬉しい。いい感じで、左周りが多いのが助かる。バイクの上で快適で、肩もOK。問題なし。少し脚と足首が痛いけど、それほど悪くない」と、初セッションの感想を語った。

ロッシチームは、4戦のブランクを感じさせず、いつものセッションと同じように、レースに向けて、サスペンションを中心にセッティングに取り組んだ。

「数ラップの連続走行を試し、すごく速かったから、ものごとが上手く行っている。明日の朝、何か問題があるか、腫れ上がっているか、脚の様子を見ないと。」

Tags:
MotoGP, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›