初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:A.ドビツィオーソが今季初のレインセッションを制す

ウォームアップ走行:A.ドビツィオーソが今季初のレインセッションを制す

今季初のウェットコンディションをドビツィオーソとストーナーがリードした。

第8戦ドイツGPのウォームアップ走行は18日、ザクセンリンクで行われ、アンドレア・ドビツィオーソ、富沢祥也、エステベ・ラバットがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度21度のウェットコンディションの中、4番グリッドのドビツィオーソが1分32秒025の1番時計を記録。ケーシー・ストーナーは、0.250秒差の2番手。ホルヘ・ロレンソ、ダニ・ペドロサ、ニッキー・ヘイデンがトップ5入り。

バレンティーノ・ロッシは、1.803秒差の9番手だった。

Moto2クラスは、8番グリッドの富沢が1分36秒560のトップタイム。ドミニケ・エンジャーターは、0.128秒差の2番手。チャビエル・シモン、高橋裕紀までが1分36秒台で続き、トニ・エリアスがトップ5入り。

ポールポジションのアンドレア・イアンノーネは、29番手。手島雄介は、28番手だった。

125ccクラスは、9番グリッドのラバットが1分40秒768の1番時計。サンドロ・コルテセは、0.791秒差の2番手。ブラドリー・スミス、ポル・エスパルガロ、ストゥーラ・ファーガーバーグがトップ5入り。

7番グリッドの小山知良は、9番手。ポールポジションのマルク・マルケスは、転倒を喫して、10番手だった。

Tags:
MotoGP, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, WUP

Other updates you may be interested in ›