初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:M.マルケス、5連勝を達成

決勝レース:M.マルケス、5連勝を達成

マルケスが5連勝でタイトル争いのアドバンテージを広げれば、小山が2007年以来となる表彰台を獲得した。

第8戦ドイツGPの決勝レースは18日、ザクセンリンクで行われ、マルク・マルケスが優勝を飾った。

気温17度。路面温度22度。ウェットレースが宣告された中、スターティング上で多くのライダーたちがレインタイヤからスリックタイヤに履き替えると、レインタイヤでスタートした11番グリッドのジョナス・フォルガーが、レースをリードする。

ドライタイヤを選択したポールポジションのマルケスと2番グリッドのポル・エスパルガロは、7ラップ目にトップに飛び出すと、2人が優勝争いを展開。ラスト3ラップ、エスパルガロが転倒を喫し、マルケスが1997年にバレンティーノ・ロッシが達成して以来となる5連勝。同時に、デルビに通算100勝目をもたらした。

2位争いは、ラスト3ラップにランディ・クルメンナッハが転倒すると、7番グリッドの小山知良が3人のバトルを制して、今季最高位の2位。2007年第17戦マレーシアGP以来となる通算9度目の表彰台を獲得し、ホームレーストなった参戦2年目のレーシング・チーム・ジャーマニーに初の表彰台をもたらした。

4番グリッドのサンドロ・コルテセは、今季初の表彰台を獲得。ウォームアップ走行を制したエステベ・ラバット、ブラドリー・スミス、ヨハン・ザルコ、ダニー・ウェッブ、エフレン・バスケス、ストゥーラ・ファーガーバーグが続いた。

チャンピオンシップは、マルケスが、リタイヤを喫したエスパルガロに26ポイント差、負傷欠場したニコラス・テロールに39ポイント差のアドバンテージを広げた。

Tags:
125cc, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, RAC

Other updates you may be interested in ›