初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.エスパルガロ、骨折の疑いにより入院

A.エスパルガロ、骨折の疑いにより入院

多重クラッシュにより、首を骨折した疑いがあることから、緊急入院。精密検査を続けて受けることとなった。

プラマック・レーシングのアレックス・エスパルガロは、第8戦ドイツGPの決勝レースで9番グリッドから転倒。2戦連続3度目のリタイヤを喫した。

8人による8位争い中に9ラップ目の4コーナーで、目の前を走るランディ・ド・プニエがハイサイドから転倒を喫した際、トラック上に横転するド・プニエ車に激突。

多重クラッシュによりレースが中断され、2レース目への参戦を試みたが、赤旗提示から5分以内に、使用したバイクと共にピットボックスに戻らなかったことから、出場が許可されなかった。

欠場が決まった後、クリニカ・モービルを訪問。レントゲン検査の結果、骨折は確認されず、右手首と首の打撲と診断され、左膝を2針縫ったが、午後にサーキット近郊のケムニッツ市内の病院で精密検査を受けたところ、第7頸椎を骨折した疑いがあることから、そのまま入院した。

エスパルガロは、さらに精密検査を受け、今週ラグナセカで開催する第9戦アメリカGPの参戦を検討する一方で、過去に同ヶ所を骨折したことがあることから、当時に負ったものかを確認するため、スペイン・マドリード市内の病院にレントゲンを送った。

Tags:
MotoGP, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Aleix Espargaro, Pramac Racing Team

Other updates you may be interested in ›