初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ:「避けれなかった」

A.バウティスタ:「避けれなかった」

前戦の5位に続き、好リザルトを狙ったが、多重クラッシュに巻き込まれ、3度目の0ポイントに終わった。

リズラ・スズキのアルバロ・バウティスタは、第8戦ドイツGPの決勝レースで、16番グリッドから多重クラッシュに巻き込まれ、転倒リタイヤを喫した。

スタートから8人のより8位争いを展開。9ラップ目の4コーナーでランディ・ド・プニエが転倒すると、トラック上で横転したド・プニエ車に激突。

再スタートを試みたが、赤旗提示から制限時間の5分以内に、マシンと共にピットボックスに戻らなかったことから、2レース目への出場が許可されなかった。

「最悪だ。ランディが転び、数人が僕の前をふさぎ、前が見えなくなってしまった。次の瞬間、彼のバイクが目の前に現れ、避けることができなかった」と、巻き込まれた原因を説明。

「バイクと一緒に、時間までに戻ることができなかったから、もう一度スタートすることができなかった。ルールは守らなければいけないけど、クラッシュはランディの責任で、僕のミスではないから、例外にして欲しかった。今回のことを教訓にしないと。」

ランク15位のバウティスタは、昨年スペインのTV局の招待を受けて訪問したラグナセカに初挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Alvaro Bautista, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›