初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デアンジェリス、復帰戦で完走

A.デアンジェリス、復帰戦で完走

8ヶ月ぶりにMotoGPマシンを走らせたことから、復帰戦をテストと位置づけた。

インターウェッテン・ホンダのアレックス・デ・アンジェリスは、第8戦ドイツGPの決勝レースで、17番グリッドから12位でフィニッシュ。最高峰クラスの復帰戦で完走を果たした。

青山博一の負傷代役に指名され、昨年の最終戦バレンシアGP以来8ヶ月ぶりにRC212Vを走らせると、赤旗中断後の2レース目では、ロリス・カピロッシを追いかけ、0.62秒差の12位でチェッカーを受けた。

「1レース以上だった。今回はテスト。1人ではなく、グループの後ろで、カピロッシとバトルができたから、嬉しい。もちろん、チェッカーを受けられたのは満足。ラグナセカに向けて分析するデータがある」と、振り返った。

「改善の必要があるけど、テストできるパーツがあるのか分らないから、簡単なことではない。目標は、ブルノに向けて、調子を挙げること。あそこで、テストがあり、走り込み、解決策を見つける絶好の機会となる。」

チームマネージャーのダニエル・エップは、「ラグナセカの前に、重要なステップを果たしました。アクセレーションが少し改善されましたが、ブレーキングでワンステップしなければいけません。グッドなレースで、継続すべきグッドなベースが見つかりました」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Alex de Angelis, Interwetten Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›