初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.イアンノーネ、2戦連続して優勝逃す

A.イアンノーネ、2戦連続して優勝逃す

ハードタイヤを選択したが、中盤以降にタイムが伸びず、逆転を許してしまった。

FIMMCO・スピードアップのアンドレア・イアンノーネは、第8戦ドイツGPの決勝レースで、ポールポジションから2位。ランク5位から3位に浮上した。

前戦は黄旗無視により、2戦連続3度目のポール・トゥ・ウインを逃したが、アラゴン合同テストで1番時計を記録。フリー走行1では10番手だったが、フリー走行2から1番手を維持して、3戦連続4度目のトップグリッドを獲得。

ハードタイヤを選択した決勝レースでは、スタートから主導権を握り、7ラップ目にはソフトタイヤを選択したトニ・エリアスに7.490秒差のアドバンテージを広げたが、中盤以降1分26秒台を維持することができず、ラスト6ラップに逆転を許してしまった。

「グッドなスタートで、レースをリードしたけど、勝てなかった。バイクは、昨日のようなグッドなフィーリングがなかった。リアのトラクションが全くなかった」と、優勝を逃した理由を説明。

「トニがガボールと僕に追いつき、僕は彼のペースに追いかけることができなかった。バイクのセットアップはベストに仕上げたから、何が起きたのか理解するために、分析しなければいけない。」

「僕たちはここ数戦、戦闘力があり、安定していた。素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい。」

ルマンで浮上のきっかけを掴んでから、一気に高ポイントを稼いできたイアンノーネは、1ヶ月間のサマーブレーク後、昨年の125ccクラスでポールポジションから3位表彰台を獲得したチェコGPに挑戦する。

Tags:
Moto2, 2010, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Andrea Iannone, Fimmco Speed Up

Other updates you may be interested in ›