初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン:「全力を尽くせたと思う」

N.ヘイデン:「全力を尽くせたと思う」

ファンとチームのために、ホームレースで表彰台を狙ったが、あとい一歩届かなかったことを悔やんだ。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは、第9戦アメリカGPの決勝レースで、7番グリッドから5位。地元勢の最高位でフィニッシュした。

序盤から1分22秒台のリズムを刻み、バレンティーノ・ロッシ、ベン・スピースとバトルを展開。終盤に入り、表彰台争いに加わるため、プッシュしたが、詰め切れなかった。

「ウォームアップでスタートの練習をしたら、小さな問題があり、それがレースで再現してしまった。それ以外は、正直に全力を尽くせたと思う」と、ホームレースを振り返った。

「終盤、ロッシとドビツィオーソとのギャップを詰め、彼らとのバトルに割り込み、彼らのミスを衝こうと思い、全てを尽くした。可能な限りにプッシュしたけど、十分ではなかった。これまで何度もラグナセカで楽しんだけど、来年はエンジョイしたい。優勝争いに戻りたい。」

「チームとここに来てくれたファンに感謝したい。彼らのサポートは素晴らしかったけど、表彰台獲得で応えられなかったのは残念だ。」

2年連続の5位だったヘイデンは、ランク5位から6位に後退した。

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Nicky Hayden, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›