初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:J.ロレンソ、独走で今季6勝目を達成

決勝レース:J.ロレンソ、独走で今季6勝目を達成

トップ走行中のペドロサが転倒を喫し、ロレンソが独走。今季4度目のポール・トゥ・ウインを決め、ランク2位に今季最大となる72ポイント差のアドバンテージを広げた。

第9戦アメリカGPの決勝レースは25日、マツダ・レースウェイ・ラグナセカで行われ、ホルヘ・ロレンソが優勝。今季6勝目を飾った。

気温23度。路面温度40度のドライコンディションの中、ホールショットを決めた4番グリッドのダニ・ペドロサが、トップを走行中の12ラップ目に転倒すると、ポールポジションのロレンソがトップに浮上。2位に3.517秒差のアドバンテージを広げ、今季4度目のポール・トゥ・ウインを決めた。

2番グリッドのケーシー・ストーナーは、今季最高位の2位。4戦連続の表彰台を獲得した。

復帰2戦目となった6番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、ラスト6ラップに3位に浮上。ルマン以来6戦ぶりに表彰台を獲得した。

3番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、4位に入れば、7番グリッドのニッキー・ヘイデンが地元最高位となる5位。ベン・スピース、コーリン・エドワーズ、マルコ・メランドリ、ロリス・カピロッシが続いた。

ラグナセカ初挑戦組みでは、昨年負傷により欠場したミカ・カリオが最高位の10位。マルク・シモンセリ、アレックス・エスパルガロ、アルバロ・バウティスタが転倒。エクトル・バルベラは、メカニカルトラブルでリタイヤを喫した。

負傷代役組みでは、ロジャー・リー・ヘイデンが11位。アレックス・デ・アンジェリスが12位だった。

チャンピオンシップは、ロレンソが今季初のリタイヤを喫したペドロサに72ポイント差、ドビツィオーソに95ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦チェコGPは、8月13日に開幕。15日に決勝レースが行われる。

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL U.S. GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›