初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.シモンセリ、今季2度目の転倒リタイヤ

M.シモンセリ、今季2度目の転倒リタイヤ

ラグナセカ初挑戦で3度の転倒を喫したが、アップグレードされたRC212Vで、好パフォーマンスを披露した印象を残した。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのマルコ・シモンセリは、第9戦アメリカGPの決勝レースで、13番グリッドから転倒。今季2度目のリタイヤを喫した。

第7戦カタルーニャGPでニューシャーシ、今大会は新しい電子制御が投入され、アップグレードされたRC212Vで、積極的に高低差18.5メートルのコークスクリューをはじめ、自然の地形を利用したラグナセカにチャレンジ。2日目には、単独走行で5戦連続の3列目を獲得。コースを攻略し、自分で驚くほど前進したことを認めた。

決勝レースでは、コーリン・エドワーズ、マルコ・メランドリとの7位争いを展開。「レースでまた転んでしまった。全てが上手く行っていたから残念。7位でフィニッシュできたと思う」と、19ラップ目に週末3度目の転倒を振り返った。

「昨日を比べて、ブレーキングで問題があり、序盤にリズムを見つけられなかった。問題を解決しながら、まともなリズムで走れるようになってきて、少しプッシュしたときに、ブレーキングでバンプーに乗り、転んでしまった。」

ダニ・ペドロサ同様、5コーナーのギャップで転倒を喫したシモンセリは、3週間後、昨年2年連続のポールポジションから優勝したブルノに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Marco Simoncelli, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›