初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アメリカ・ホンダ、Moto2プロジェクト発表

アメリカ・ホンダ、Moto2プロジェクト発表

5週間後のホームレースに向けて、地元優勝を目指し、万全の準備を進めていることを強調した。

アメリカ・ホンダは、第9戦アメリカGP開催期間中に、第11戦インディアナポリスGPのMoto2クラスに挑戦することを発表した。

ラグナセカのパドック内に設置した特別舞台に、ロジャー・リー・ヘイデン、ケビン・シュワンツ、そして、エリオン・レーシング・チームを指揮するケビン・エリオンが、モリワキのMD600と共に登場。

「我々は2度のテストを実施しました。グランプリまでに、あと2度のテストを予定しています。現状のテスト結果は、エクセレントですが、やるべき仕事が残っています。ロジャーは快適にバイクを乗りこなし、ラップタイムはコンスタントに良くなっています。我々のチームは、600ccマシンの経験が豊富ですから、このプロジェクトを前進させる能力があります」と、エリオンは説明。

「準備が整います。モリワキ、アメリカ・ホンダ、ケビンは、ロジャーをサポートしてくれています。優勝ができるために、ものごとが進んでいます。非常にタフなレースになることは覚悟の上ですが、非常に高い戦闘力を持つことができます。」

ロジャー・リーは、第11戦インディアナポリスGP決勝レースに向けて、合計4度のテストを予定している。

Tags:
Moto2, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›