初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第10戦チェコGP‐MotoGPクラスプレビュー

第10戦チェコGP‐MotoGPクラスプレビュー

前半戦で圧倒的な強さを見せたロレンソを中心に、ペドロサ、ストーナー、ロッシが巻き返しを目指し、来季のシート確保したい多くのライダーたちが、熾烈な上位争いに挑戦する。

第10戦チェコGPは今週末、チェコ第2の都市ブルノで開催。ホルヘ・ロレンソがポイントリーダーとして登場する。

ラグナセカで初優勝を挙げ、今季6勝目を飾ったロレンソは、後半戦残り9戦で、初タイトルだけでなく、バレンティーノ・ロッシを樹立したシーズン最多獲得ポイント、最多表彰台、全戦表彰台、ミック・ドゥーハンが記録した最多優勝、最多ポイントギャップに挑戦。

2戦連続3勝目を狙ったダニ・ペドロサは、今季初の転倒リタイヤを喫したが、アンドレア・ドビツィオーソと共に、高い戦闘力を証明。優勝争いが可能なリズムを掴んできた。

4戦連続の表彰台により、序盤の低調を一掃したケーシー・ストーナーは、昨年欠場、一昨年はトップ走行中に転倒を喫した舞台で、3年ぶりの優勝を狙う。

6戦ぶりの表彰台により、ランク5位に浮上したロッシは、後半戦からの巻き返しを目指して、短いサマーブレークを利用して、右肩と右脚のリハビリに専念。

第8戦ドイツGPで右脚を骨折したランディ・ド・プニエは、集中的な治療により、医師団を驚かす回復力を見せ、僅か1ヶ月後となるグランプリに復帰する。

第5戦イギリスGPで負傷した青山博一は、順調に回復。バルセロナ市内の病院で受ける検査次第では、ブルノに向かう。

決勝レースの翌日には、ヘレス以来となる今季2度目のオフィシャルテストが予定されている。

Tags:
MotoGP, 2010, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›