初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ドプニエ、驚異的な回復でブルノ復帰

R.ドプニエ、驚異的な回復でブルノ復帰

負傷により、連続参戦記録が途切れたが、鉄人ぶりを発揮する驚異的な回復スピードで、医師たちを驚かせた。

LCR・ホンダは5日、ランディ・ド・プニエが来週末にブルノで開催される第10戦チェコGPに復帰する見込みであることを発表した。

第8戦ドイツGPの決勝レースで転倒を喫した際に、左脚の脛骨とひ骨を骨折。サーキット近郊のハートマンスドルフ市内の病院にヘリコプターで移動して、緊急手術を受けた後、早期復帰を目指して、懸命なリハビリに専念していた。

「テレビで初めてグランプリを見た。簡単なことではなかったけど、少し休まなければいけなかった。手術から2日後に退院して、マルセイユの病院でハイパーバリックチェンバーシステム(高気圧酸素装置)を使用した治療を始め、その後、カンヌに移動。骨を強くするために、ウルトラサウンドのセッションを受けた」と、リハビリ内容を説明。

「アンドラの家に帰ってからも、携帯用のウルトラサンドを使用して、ジムでのトレーニングを開始。医師たちは、僕の回復スピードに驚いている。僕自身も正直、この回復の速さに驚きで、松葉杖の使用回数が減っている。」

「ブルノでコースインの準備ができることを望む。最終的には、サーキットの医師たちの判断になるだろう。」

連続参戦記録が歴代3位となる191戦で止まってしまったが、集中的な治療により、僅か4週間後で、サーキットに戻る可能性が高まった。

Tags:
MotoGP, 2010, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Randy de Puniet, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›