初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マーク・VDSにもニューシャーシ投入

マーク・VDSにもニューシャーシ投入

新規参戦チームは、ニューシャーシ投入で、リタイヤが続いた悪い流れに終止符を打つ。

マーク・VDSのスコット・リーディングとエクトル・ファウベルは、今週末の第10戦チェコGPから、シューターのニューシャーシを使用する。

第8戦ドイツGPでは、富沢祥也、ロベルト・ロルフォら13人中4人に、ニューシャーシが投入されると、今週末には、新規参戦チームの両雄にも、アラゴン合同テストで好感触を掴んだフレームが用意されることとなった。

2戦連続のメカニカルトラブルでリタイヤを強いられたリーディングは、夏休みを利用して、フィジカルトレーニングに集中。「3週間の夏休みだったけど、すごく長く感じた。週末が待ちきれない」と、心身ともに充実。

「新しいシャーシで走る。アラゴンで試す機会があったけど、ブルノでどのようなアドバンテージをもたらせてくれるか楽しみだ。後半戦をグッドなリザルトでスタートさせたい。」

2戦連続して、オープニングラップの多重クラッシュに見舞われたファウベルは、「ここまでのリザルトに満足できない。リザルトを良くするために、1戦1戦をラストレースとして取り組むつもりだ」と、気を引き締めた。

Tags:
Moto2, 2010, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Scott Redding, Hector Faubel, Marc VDS Racing Team

Other updates you may be interested in ›