初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:A.ドビツィオーソが制す

ウォームアップ走行:A.ドビツィオーソが制す

6番グリッドのドビツィオーソが1番時計。ペドロサ、ストーナー、ロレンソが続き、ロッシは16番手だった。

第10戦チェコGPのウォームアップ走行は15日、ブルノで行われ、アンドレア・ドビツィオーソ、フリアン・シモン、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温21度。路面温度24度。ウェットからドライへコンディションが回復したが、終了直前にスコールに見舞われたセッションを 6番グリッドのドビツィオーソが2分10秒135の1番時計を記録した。

ポールポジションのダニ・ペドロサは、1.682秒差の2番手。ケーシー・ストーナー、ホルヘ・ロレンソ、マルコ・メランドリ、ミカ・カリオ、ニッキー・ヘイデン、アレックス・デ・アンジェリス、コーリン・エドワーズ、ロリス・カピロッシがトップ10入り。

昨年の勝者バレンティーノ・ロッシは16番手。

公式予選をキャンセルしたアルバロ・バウティスタは、メディカルチェックをパスして、セッションに参加。17番手だった。

Moto2クラスは、9番グリッドのフリアン・シモンが1番時計。ポールポジションの富沢祥也は、ガボール・タルマクシに次ぐ3番手。チャビエル・シメオン、エクトル・ファウベルが続いた。

アンドレア・イアンノーネは6番手。高橋裕紀は13番手。トニ・エリアスは17番手。手島雄介は38番手だった。

来季最高峰クラスに挑戦を発表したカレル・アブラハムは、公式予選の転倒で頭部を強打したことから、セッションをキャンセル。決勝レースを欠場する。

125ccクラスは、昨年の勝者ニコラス・テロールがトップタイム。昨年同舞台でタイトル争いを演じたルーキーズカップ出身のヤコブ・コーンフェールとストゥーラ・ファーガーバーグ、サンドロ・コルテセが続いた。

ポールポジションのブラドリー・スミスは5番手。8番グリッドの小山知良は23番手だった。

Tags:
MotoGP, 2010, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, WUP

Other updates you may be interested in ›