初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:J.ロレンソ、後半戦緒戦を制す

決勝レース:J.ロレンソ、後半戦緒戦を制す

ポイントリーダーのロレンソが、コンスタントなリズムで今季7勝目を達成。ペドロサ、ストーナーが表彰台を獲得。ロッシは4位。負傷から復活したド・プニエは、10位でフィニッシュした。

第10戦チェコGPの決勝レースは15日、ブルノで行われ、ホルヘ・ロレンソが優勝。今季7勝目を飾った。

気温26度。路面温度40度のドライコンディションの中、3番グリッドのロレンソは、オープニングラップでトップに立つと、コンスタントなリズムで周回を重ね、残り9戦目の後半戦緒戦を制し、初タイトル獲得に向けて、大きく前進した。

ポールポジションのダニ・ペドロサは、5.494秒差の2位。今季6度目の表彰台を獲得すれば、4番グリッドのケーシー・ストーナーが5戦連続の表彰台を獲得。

5番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、スタートで遅れて、今季最高位の2番グリッドからスタートしたベン・スピースに次ぐ5位。

ニッキー・ヘイデン、コーリン・エドワーズ、マルコ・メランドリ、エクトル・バルベラ、ランディ・ド・プニエがトップ10入り。負傷代役参戦のアレックス・デ・アンジェリスは、14位フィニッシュ。

ウォームアップ走行を制した6番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、4番手走行中に転倒。

公式予選のキャンセルにより、最後尾からスタートしたアルバロ・バウティスタは、11番手まで巻き返したが、最終ラップに転倒を喫した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのロレンソが、235ポイントを獲得。ランク2位のペドロサに77ポイント差、ランク3位に浮上したストーナーに116ポイント差のアドバンテージを広げた。

Tags:
MotoGP, 2010, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, RAC

Other updates you may be interested in ›