初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシの別れの手紙

V.ロッシの別れの手紙

ロッシは、7年間続いたM1との関係に終止符を打つことになり、別れの手紙を書いた。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは15日、ヤマハとの契約満期に伴う離脱に関して、別れの手紙を送った。

「ヤマハとの7年間の関係について、少しの言葉で説明するのは、すごく難しい。2004年から多くのことが変わったけど、特に変わったのは彼女、M1だった。」

「あの当時、可哀想なバイクは、グリッドの真ん中にいて、多くのライダーたちから笑われていた。今は、成長に手助けした後、クラスのベストバイクとして、賞賛され、求愛され、カレージで彼女の微笑みを見ることができる。」

「成長を可能にした人たちのリストは、非常に長いけど、僕たちのM1の表情を変えるために懸命に働いた全てのエンジニアたちを代表して、古沢政生、中島雅彦、そして、僕の渥美弘弥に感謝したい。チャンピオンシップのサーキットで、愛情を持って対応してくれたジェレミー・バージェスと僕のクルーたち全員、そして、ヤマハのチームで働いた全てのスタッフたちにも感謝したい。」

「今、新たな挑戦を探す時が来た。ヤマハにおける僕の仕事は終了した。不運にも、最も美しいラブストーリーは終わってしまったけど、沢山の素晴らしい思い出を残した。ウェルコムの芝の上で、僕のM1と初めてキスした時、彼女は真っ直ぐに僕の目を見て、ティ・アモ(愛してるよ)と言ってくれた。」

ロッシの手紙

Tags:
MotoGP, 2010, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›