初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、今季最後のテストを振り返る

V.ロッシ、今季最後のテストを振り返る

ヤマハでのラストテストとなったロッシは、セッティングの見直しに徹し、残りのシーズンにつなげた。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第10戦チェコGP後に開催されたオフィシャルテストに参加。50ラップを走行して、4番手だった。

昨年ポール・トゥ・ウインを決めた舞台での復帰3戦目は、5番グリッドから5位。

公式予選の終盤で転倒を喫したが、セッションでリズムを掴み、レースへの期待感を高めていたが、「グレートなレースにする自信があったから、すごくがっかり。セッションのように速く走ることができなかった。悲しいけど、明日、何が起きたのか理解する機会がある」と、気持ちを切り替えた。

そして、10時30分過ぎから、シーズン最後のテストを開始。セッティングの見直しに着手した。

「何が起きたのか理解するために懸命に仕事に取り組み、ピクチャーがはっきりしたから嬉しい。セッティングの沢山の仕事をしたから、残りのシーズンに役立つことを期待する。」

テストでは、アップグレードされたエンジンをテストする機会にも恵まれ、「あまり違いはないようだけど、幾つかの細かい改善が役立つと思う。直ぐに使用できることを願う」と、評価した。

ランク4位に14ポイント差に迫ったロッシは来週末、昨年3番グリッドから転倒リタイヤを喫したインディアナポリスGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›