初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第11戦インディアナポリスGP‐125ccクラスプレビュー

第11戦インディアナポリスGP‐125ccクラスプレビュー

ランク2位のエスパルガロとランク3位のテロールが、初優勝を飾った舞台で、ポイントリーダーのマルケスに挑戦する。

第11戦インディアナポリスGPは今週末、アメリカ合衆国中西部のインディアナ州で開催。マルク・マルケスがポイントリーダーとして登場する。

前戦のフリー走行1で転倒を喫した際に、左肩を脱臼したマルケスは、7位でフィニッシュした2日後からリハビリを開始。15ポイント差のアドバンテージを持って、アメリカに飛ぶ。

ランク2位のポル・エスパルガロは、昨年の初優勝をきっかけに、その後のレースで、トップ走行中に転倒した翌戦のミサノと今年のザクセンリンクを除き、全戦トップ4入り。14戦中3勝を含む10戦で表彰台を獲得するなど、自信を深めた。

ランク3位のテロールは、開幕戦以来となる優勝を飾り、腰椎骨折からの復帰をアピール。ポイントリーダーのとのギャップを23ポイント差に詰め、2年前に初優勝を飾った舞台に、乗り込む。

ランク4位のブラドリー・スミスは、ブルノでセッションをリード。昨年のムジェロ以来20戦ぶりの優勝を狙ったが、レインからドライに変わるコンディションに対応できなかった。

ランク5位の小山知良は、抜群の安定感で、スミスと並び全戦でポイントを連取。昨年14位、一昨年19位だった舞台で、上位進出を狙う。

Tags:
125cc, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›