初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、新型フロントフォークを投入

C.ストーナー、新型フロントフォークを投入

フロントの信頼感を得るために、テストで好感触を掴んだ新型フロントフォークを投入することを決断した。

ドゥカティ・チームのケーシー・ストーナーは、第11戦インディアナポリスGPのフリー走行1で、新型フロントフォークを投入することを認めた。

5戦連続の表彰台を獲得した後、オフィシャルテストでフロントの改善を目的に、新型フロントフォークをテスト。好印象を得たことから、「金曜に新型フロントフォークを使用する。すごくいい印象を与えてくれたけど、レースで使用するかは、これから決める」と、説明。

「インディが楽しみだ。2008年は、天候が悪かったけど、すごく上手く走れたトラック。昨年は不運にも走れなかったけど、今年は先日のテスト成果を最大限に引き出したい。テストで問題が出たリアのセッティングを幾つか試すつもり。これには、新しい検証が必要だろう。」

チームマネージャーのビットリアーノ・グアレスキは、「必要なコンマ2秒をケーシーに与えられることを期待します。ここ数ヶ月間、GP10のエンジンと操縦性に満足していますが、フロントの理想的なフィーリングが見つかっていません。」

「ブルノで試した新しいフォークは、信頼感をもたらしたようなので、1台に搭載します。もし、テストの好印象を確認できれば、レースで使用することになります」と、シーズン序盤から悩まされた問題解決につながることを期待した。

Tags:
MotoGP, 2010, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Casey Stoner, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›