初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハは2番手と5番手発進

フィアット・ヤマハは2番手と5番手発進

ポイントリーダーのロレンソは、スピースのファクトリーチーム入りを祝福すれば、ランク5位のロッシは、体調に不安がないことを認めた。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソとバンティーノ・ロッシは、第11戦インディアナポリスGPのフリー走行1で、2番手と5番手だった。

昨年の勝者ロレンソは、3度のコースインで26ラップを走行。0.225秒差の2番手だったが、1分41秒台を最多の14回記録した。

「今日はすごくいい走りで、セッション中に大きく良くなった。リアが大きく滑った。もしかしたら、気温が高かったからだろう。昨年よりもすごく暑い」と、初セッションを振り返った。

「ここでのトップライダーたちのレベルは、だいたい同じぐらい。みんながストロングだ。みんなが明日はもっと良くなるから、僕たちも同じように良くならないと。グッドなバトルになるだろう。」

「最後に、来年ファクトリーチームへの加入することが決まったベン・スピースを祝福したい。彼にとって、ヤマハにとって、グレートなニュースだ。」

2年前の勝者ロッシは、4度のコースインで27ラップを走行。最終ラップに1分41秒台に入り、0.739秒差の5番手だった。

「体調はすごくいい。まだ痛みがあるけど、それほど悪くないから、心配はない。バイクに自信を感じるけど、グリップ不足だから、リズムを良くするために、セッティングを良くしないと。バンプーが多いから、簡単なことではない。」

「今日は沢山の仕事をしたけど、十分ではなかった。トップとのギャップは大きい。明日の朝の目標は、このギャップを詰めることだ」と、意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›