初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:ランク上位3人がセッションをリード

フリー走行1:ランク上位3人がセッションをリード

ポイントリーダーが最速タイムとリズムを刻み、最初のセッションを制した。

第11戦インディアナポリスGPのフリー走行1は、インディアナポリス・モーター・スピードウエイで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温29度。路面温度46度のドライコンディションの中、ポイントリーダーのマルケスは、セッション序盤に転倒を喫したが、1分49秒台を最多の5回記録。1分49秒452の1番時計を刻み、前戦で脱臼した左肩に不安がないことを証明した。

昨年の勝者ポル・エスパルガロは、0.151秒差の2番手。一昨年の勝者ニコラス・テロールは、0.246秒差の3番手。タイトルを争う3人が上位に進出した。

サンドロ・コルテセとブラドリー・スミスも、1分50秒台を突破。エフレン・バスケスが続いた。

ランク5位の小山知良は、1.266秒差の7番手発進。エステベ・ラバット、ダニー・ウェッブ、ルイス・サロンがトップ10入りした。

Tags:
125cc, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›