初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:M.マルケス、今季7度目のポールポジションを奪取

公式予選:M.マルケス、今季7度目のポールポジションを奪取

ポイントリーダーが圧倒的な速さで1番時計を記録。テロール、スミス、コルテセが1列目を獲得した。

第11戦インディアナポリスGPの公式予選は28日、インディアナポリス・モーター・スピードウエイで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温32度。路面温度47度のドライコンディションの中、2度のフリー走行を制したポイントリーダーのマルケスは、サーキットベストラップ(1分49秒039)を0.915秒上回る1分48秒124の1番時計を記録。2戦ぶり今季7度目のトップグリッドを獲得した。

復帰戦となった前戦で優勝を飾ったニコラス・テロールは、0.479秒差の2番手。ブラドリー・スミスとサンドロ・コルテセが続き、1列目を確保。

昨年の勝者ポル・エスパルガロは、1.540秒差の5番手。今季初めて1列目を逃せば、エフレン・バスケス、ルイス・サロン、ヨハン・ザルコが続いた。

フリー走行2で7番手から11番手に後退した小山知良は、1.903秒差の9番手に挽回。エステベ・ラバットがトップ10入りした。

Tags:
125cc, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›