初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.ポンチャラル、テック3の来季体制について説明

H.ポンチャラル、テック3の来季体制について説明

テック3は、エドワーズ&クラッチローの体制に向けて、交渉を進め、来週のミサノで具体的になる可能性を示した。

モンスター・ヤマハ・テック3のチームマネージャー、エルベ・ポンチャラルは、2011年体制について説明。コーリン・エドワーズとカル・クラッチローの起用を希望した。

ヤマハのサテライトチームを指揮するフランス人マネージャーは、2008年から起用するエドワーズに関して、「コーリンは、引退前に、もう1年走りたいと言っています。つまり、2011年です。今年は、まだグッドライダーであるためのスピードがあることを証明しました。」

「テック3とは、長い協力関係があることから、彼の残留に関心があります。大変良い協力関係を楽しんできましたから、我々は一緒に働いています。」

「ヤマハUSAでは、来年のライダーとして、そして将来的には、メーカーの大使として起用することを喜ぶでしょう。このテーマを具体的にするために、今週末は非常に重要となります。ヤマハUSAのポジションを知り、コーリンに説明できることを願います。そして、ミサノの週末で、ものごとがより明白にならなければいけません」と、継続起用に向けて交渉が進んでいることを説明。

ファクトリーチームへの昇格が決定したベン・スピースに後任に、スーパーバイク世界選手権に参戦する現スーパースポーツ世界選手権王者のクラッチローを指名。

「カルは、スーパーバイクで沢山のオファーをもらっていますが、MotoGPへの参戦を望んでいます。ヤマハに大変満足していることから、彼がベンの後任になるポジションにいます。全てが具体的になりつつあり、近々にハッキリするでしょう。来週のミサノが理想的な場所になります。」

スピースのファクトリーチーム昇格については、「ルーキーシーズンのグレートなシーズンで、ファクトリーチーム入りが相応しいです。もちろん、彼が離脱することは悲しいですが、今年一緒に仕事ができたこと、そして、ファクトリーチームへの準備を支援できたことが嬉しいです。彼の次のステップは、優勝争い、そして、チャンピオンシップ争いができることを証明することです。」

「ベンは、疑いなく、来年のタイトル候補です。非常に強く、早いスピードで学習し、来年には全てのトラックを把握します。優秀なテストライダーでもあり、バイクのどうようにセッティングするか分かっています。冷静で、献身的で、やるべきことが分かっています」と、自信を持って、送り出すことを語った。

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Ben Spies, Colin Edwards, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›