初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、3列目スタートも楽観的

V.ロッシ、3列目スタートも楽観的

1日に2度の転倒を喫したが、ロレンソ、ペドロサに次ぐリズムで刻んだことから、決勝レースに自信を見せた。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第11戦インディアナポリスGPの公式予選で、7番時計。今季ワーストのスターティンググリッドから明日の決勝レースを迎える。

フリー走行2で転倒を喫し、5番手から9番手に後退した後、1分41秒前半のリズムを掴んだが、タイムアタック中に2度目の転倒を喫した。

「今日は自信を取り戻すために、懸命に働き、幾つか良くなった。不運にも、最悪の時に転んでしまった。ソフトタイヤを履いて、速く走っているところだったけど、もう一度トライするには、時間が足りなかった」と、振り返った。

「最悪になったかもしれない。7位よりもっと後ろのポジションに後退してしまうと考えたから、いろいろあったけど、喜ぶことができる。1日に2度も転んだのは何時だっただろう。もしかしたら、90年代かもしれない。幸運にも、僕は大丈夫。ダメージがなかったのは、重要だ。」

「明日は、ペドロサとストーナー、僕が1列目の後ろだから、非常に面白い1日になるだろう。楽しくなるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›