初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.テロール、2連勝で4ポイント差に接近

N.テロール、2連勝で4ポイント差に接近

2戦連続の0ポイントの後で、50ポイントを稼ぎ、タイトル獲得の可能性を一気に広げた。

バンカハ・アスパルのニコラス・テロールは、第11戦インディアナポリスGPの決勝レースで、2戦連続の2番グリッドから優勝。後半戦2連勝で、ランク2位に浮上した。

カタルーニャGPの決勝レースで腰椎を骨折して、ドイツGPを欠場。サマーブレークを返上して、懸命のリハビリに専念すると、昨年優勝したチェコGPで独走優勝。復帰戦を飾ると、2年前にキャリア初優勝を挙げた舞台で、再び優勝を飾り、初タイトル獲得に向けて、一気に50ポイントを稼いだ。

「信じられない勝利だ。チームはグレートな仕事をしてくれたから、2連勝ができた。目標はマルクに近づき、彼のミスを待つことだった。彼の転倒前に、2度ほど転びそうになったから、慎重になることを強いられた。」

「2戦連続の0ポイントの後で、2連勝だから、士気が高まる。ホルヘ(・マルティネス・アスパル)を祝福したい。彼の誕生日で、これは最高のプレゼントだと思う。チャンピオンシップは、再びオープンとなった。マクルとポル、僕のポイント差は僅か5ポイントだ。」

ポイントリーダー、マルク・マルケスのギャップを4ポイント差に詰めたテロールは、昨年4番グリッドから0.5秒差で2位を獲得したサンマリノ&&リビエラ・ディ・リミニGPに挑戦する。

Tags:
125cc, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Nicolas Terol, Bancaja Aspar Team

Other updates you may be interested in ›