初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、アクシデントでリズムが乱れた

N.ヘイデン、アクシデントでリズムが乱れた

ストーナーに続き、ヘイデンもニースライダーが外れるアクシデントに見舞われ、延長契約を祝うことができなかった。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは、第11戦インディアナポリスGPの決勝レースで、3番グリッドから6位。地元で期待した結果を残せなかったことを悔やんだ。

昨年ドゥカティ入りしてから、唯一表彰台を獲得した舞台で、初めて1列目を獲得したが、左膝のニースライダーが外れるアクシデントに見舞われ、リズムが乱れてしまい、目標の表彰台争いから遠ざかった。

「信じられない。がっかりだ。3ラップ目に、フロントから転びそうになり、縁石に左膝をぶつかった。その時に、ニースライダーが外れてしまった」と、失望の地元レースを振り返った。

「そこからは、全く不安定な走りとなり、無理できず、最後にはツナギがボロボロになってしまった。今日はグレートなレースをするためのリズムがあっただけに、全く気に入らない。」

ランク6位から7位に後退したヘイデンは、昨年6番グリッドから他車にぶつけられて転倒リタイヤしたミサノ・ワールド・サーキットに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Nicky Hayden, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›