初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、前戦の教訓を活かして完走

A.バウティスタ、前戦の教訓を活かして完走

4戦ぶり6度目の完走を目指し、リスクを回避。存在感をアピールする8位フィニッシュを果たした。

リズラ・スズキのアルバロ・バウティスタは、第11戦インディアナポリスGPの決勝レースで、11番グリッドから8位。今季2度目のトップ10入りを果たした。

今季2度目の3列目から2戦連続して、250ccクラス時代のライバルだったマルコ・シモンセリとのバトルを展開。前戦は最終ラップに抜き去った後に転倒を喫し、今回はバンピーな路面を考慮して、リスクを回避した。

「ハードな1日だった。フィジカルなレース。体調が回復しているのかを確認するグッドなテストなり、僕は強さを感じる」と、前戦で腰を強打したが、その影響がなかったことを認めた。

「スタートでポジションを落としたけど、ポジションを巻き返した。シモンセリを抜く場所が2ヶ所あったけど、バンピーでリスクが大き過ぎたし、僕は完走したかった。それが必要だった。チームのファンタスティックな仕事に満足。来週のレースが楽しみだ。」

ランク15位に浮上したバウティスタは、昨年8番グリッドから3位表彰台を獲得したミサノ・ワールド・サーキットに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Alvaro Bautista, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›