初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、2戦連続5度目の転倒リタイヤ

M.カリオ、2戦連続5度目の転倒リタイヤ

厳しいシーズンが続く中、2戦連続5度目の転倒リタイヤを喫し、ランキングも16位に後退した。

プラマック・レーシングのミカ・カリオは、第11戦インディアナポリスGPの決勝レースで、15番グリッドから転倒。今季5度目のリタイヤを喫した。

ラグナセカで今季2度目のトップ10入りを果たし、復調のきっかけを掴んだことを語っていたが、ブルノでは9位争い中に転倒。今大会では、7位争い中に転倒を喫した。

「不運だ。これは正しい方向ではない。いつもよりもグッドなスタートで、ポジションを3つ上げた。バウティスタとシモンセリと一緒に速いリズムで走り、7位争いをしたけど、アスファルトに穴があって、フロントタイヤが一気に行ってしまった」と、昨年に転倒数9回を上回る10回目の転倒を振り返った。

「7位争いができ、少なくてもトップ10に入ることができた。ものごとの展開にがっかり。今シーズンは、何らかの理由で、リザルトを獲得することができない。」

自己最多タイとなる1シーズン10回目の転倒を喫し、ランク15位から16位に後退したカリオは、昨年11番グリッドから7位だったミサノ・ワールド・サーキットから満開を目指す。

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Mika Kallio, Pramac Racing Team

Other updates you may be interested in ›