初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP‐Moto2クラスプレビュー

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP‐Moto2クラスプレビュー

ポイントリーダーのエリアスを中心に、地元のイアンノーネ、コルシ、ロルフォ、そして、パシーニが挑戦。日本勢は前戦のフラストレーションを晴らしに行く。

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPは今週末、ミサノ・ワールド・サーキットで開催。トニ・エリアスがポイントリーダーとして登場する。

セッション不参加のペナルティと体調不良を克服して、後半戦2連勝を飾ったエリアスは、ペナルティの原因となったテスト舞台に、67ポイント差のアドバンテージを持って乗り込む。

転倒により、左足を痛めたアンドレア・イアンノーネだったが、22人抜きを演じれば、多重クラッシュの影響を受け、最後尾からスタートしたシモーネ・コルシは、今季最大となる30人抜きを達成。地元で上位進出を狙う。

転倒に巻き込まれた日本勢。富沢祥也は、昨年の後半戦最高位だった12位、高橋裕紀は、一昨年最高位だった2位だった舞台で、前戦のフラストレーションを晴らしたいところ。

シーズン途中に解雇されたマティア・パシーニがイタルトランス・STRから、イタリア選手権スーパースポーツクラスで首位のフェルッチオ・ランボルギーニがフォワード・レーシングから、ワイルドカード参戦を予定している。

Tags:
Moto2, 2010, GP.APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI

Other updates you may be interested in ›