初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.カピロッシ;「ドゥカティは1つのオプション」

L.カピロッシ;「ドゥカティは1つのオプション」

地元で最高峰クラス通算200戦目を迎える37歳のカピロッシが、セッティングの変更が功を奏したことを認めた。

リズラ・スズキのロリス・カピロッシは、第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1で、10番手だったが、セッティングの変更が的中したことを喜んだ。

4度のコースインで合計29ラップを走行。1分37秒台から36秒台のリズムに伸ばし、1.505秒差の10番手だったが、「金曜に起きることがようやく来た。ポジションには喜んでいないけど、バイクにはすごく満足している」と、手応えを強調。

「グッドな仕事をした。スタートの時点から大きくセッティングを変更しなければいけなかったけど、変更が良く機能するようだ。電子制御も含めて良くなった。まだ完璧ではない。働かなければいけないけど、今のところはグッドだ。」

「チーム全員にとってポジティブな1日となったから幸せだ。週末はずっとこの調子で行きたい。もし、土曜も日曜も好天気ならば、グッドな週末となるだろう。」

木曜の共同会見で話題となった来季の就任に関して、「何も決まっていない。みんながドゥカティだと言うけど、それは1つのオプション。スズキの計画を知るために、彼らと話しをしている。この数週間に何が起きるのか見てみよう」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Loris Capirossi, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›