初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:A.デアンジェリスが地元で1番時計

フリー走行1:A.デアンジェリスが地元で1番時計

デ・アンジェリス、シモン、富沢、エリアス、コルシが、単独でハイリズムを刻み、高橋と山口は、22番手と35番手だった。

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1は3日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、アレックス・デ・アンジェリスがトップタイムをマークした。

気温26度。路面温度42度のドライコンディションの中、地元グランプリ参戦にモチベーションが高まるデ・アンジェリスは、初めてTSR製のプロトタイプマシンを走らせると、1分40秒064の1番時計を刻み、開幕戦以来2度目のファーストセッションを制した。

前戦でポールポジションから2位を獲得したフリアン・シモンは、0.147秒差の2番手。

昨年12位だった富沢祥也は、0.310秒差の3番手。トップ3が1分40秒台のリズムを刻めば、走行経験があるクラウディオ・コルティ、ポイントリーダーのトニ・エリアスが続いた。

ワイルドカード参戦のマティア・パシーニは、事前テストの成果を活かして、6番手に進出。エクトル・ファウベル、ジュール・クルーセル、シモーネ・コルシ、ガボール・タルマクシがトップ10入り。

ワイルドカード参戦のフェルッチオ・ランボルギーニは14番手。前戦で左足を骨折したフォンシ・ニエトの代役、チャビエル・シメオンは17番手。

2年前に2位を獲得した高橋裕紀は、1.408秒差の22番手。

今季まだ0ポイントのジョアン・オリベは、ハリスからFTRにスイッチして、34番手。

チーム・スコットのスタッフたちとビモータとのコラボにより、スタートしたM・レーシングのニッコロ・カネパは、35番手。

右脚を骨折したウラディミール・イワノフの代役として参戦が決まったばかりの山口辰也は、最多の29ラップを走行。3.398秒差の36番手。

ランク11位のアレックス・デボンは、前戦で右鎖骨を骨折。今大会を欠場すれば、ランク34位のアルネ・トーベは、ブルノで左肩を強打した後、インディアナポリスで身体の左側を強打。左腕が動かない状態からから、医師団と相談して、欠場を決断した。

Tags:
Moto2, 2010, GP.APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP1

Other updates you may be interested in ›