Tickets purchase
Videopass purchase

レプソル&ドルナが共同で環境問題に着手

スペインで開催される4つのサーキットで、樹木を植栽するプロジェクトがスタートした。

レプソル財団とドルナスポーツ社は29日、アグロフォレストリー・プロジェクトに着手することを発表した。

ホンダのファクトリーチームを支援するスペインの石油会社、レプソル社が社会活動に寄与するために設立したレプソル財団は、チャンピオンシップのプロモーターであるドルナスポーツ社と共同で、国連環境計画-世界大気浄化森林イニシアティブの協力の下、環境問題に取り組み、樹木を植栽するアグロフォレストリー・プロジェクトを立ち上げ、合計5.8万本の樹木を、スペインとハイチに植栽する。

スペインでは、今年開催するヘレス、カタルーニャ、アラゴン、バレンシアのサーキットと地元政府と協力して、サーキット敷地内や周辺に、それぞれ1000本の樹木を植栽。

またグランプリ開催中には、サーキットを訪れたファンに大して、自宅で植栽の機会を与える一式を提供。その際に、大地震から復興するハイチでの植栽を目的に、5ヨーロの募金を募る。

Tags:
MotoGP, 2010

Other updates you may be interested in ›