初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:D.ペドロサ、今季4度目のポールポジション奪取

公式予選:D.ペドロサ、今季4度目のポールポジション奪取

前戦勝者のペドロサが、5人によるエキサイティングなポールバトルを制し、2戦ぶりのトップグリッドを獲得。ロレンソ、ストーナー、ロッシ、スピースが続き、青山が復帰2戦目を13番グリッドから迎えることとなった。

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は5日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。今季4度目のポールポジションを奪取した。

気温26度。路面温度42度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したペドロサは、最後のタイムアタックで唯一1分34秒台を突破する1分33秒948を叩きだし、5人によるトップグリッド争いを制した。

フリー走行2を制したホルヘ・ロレンソは、0.308秒差の2番手。開幕から12戦連続して1列目を確保しただけでなく、ペドロサと共に、1分34秒台のリズムを刻んだ。

フリー走行2で8番手から3番手に浮上したケーシー・ストーナーは、0.449秒差の3番手。3戦ぶりに1列目に戻ってきた。

昨年ポール・トゥ・ウインを決めたバレンティーノ・ロッシ、昨年のスーパーバイク世界選手権で優勝経験があるベン・スピースが続き、2度のフリー走行で13番手だったランディ・ド・プニエが6番手に浮上。コーリン・エドワーズ、アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・シモンセリ、マルコ・メランドリがトップ10入り。

フリー走行2で15番手から16番手に後退した青山博一は、3度目のコースインで1分35秒台を連発して、1.338秒差の13番手まで巻き返した。

Tags:
MotoGP, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, QP

Other updates you may be interested in ›