初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー:「表彰台にトライする」

C.ストーナー:「表彰台にトライする」

今季7度目の転倒を喫したが、フロントに好感触を掴み、今季8度目の1列目を獲得した。

ドゥカティ・チームのケーシー・ストーナーは、第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選で、3番時計を記録。3戦ぶり8度目の1列目を確保した。

初日終了後、昨年の欠場により、データ不足だったことを認めたが、収集したデータを利用して、フリー走行2では、8番手から3番手にステップアップ。

公式予選では、5度のコースインを繰り返したが、最後に1分34秒台を2連発。1列目に進出した。

「決定的に有効な解決策を見つけた。午前は古いフォークを再び装着し、直ぐに1秒良くなった。もう少しタイムを伸ばそうとトライ。プッシュし過ぎて、コーナーの進入でフロントか先に行ってしまった」と、今季7度目の転倒を振り返った。

「心配はない。1号車のフロントの感触を改善するだけ。2号車は、転んでしまったけど、グッドなフィーリングがあった。」

「全体的にバイクは、高速トラックで走るよりも、ここで良く機能するから、明日のレースに向けて、すごく落ち着ける。何ができるのか見てみよう。天気予報は不安定だけど、表彰台に向けてトライする。」

Tags:
MotoGP, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Casey Stoner, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›