初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「ファンのために美しいレースがしたい」

V.ロッシ:「ファンのために美しいレースがしたい」

まだ万全の体調ではないが、レース日には地元ファンで埋め尽くされることから、全力で美しいレースにすることを誓った。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選で、4番時計。ホームレースを2列目から迎える。

フリー走行1で4番手。フリー走行2で5番手。上位陣とのギャップを埋め、レースでは序盤に主導権を握るために、ルマン以来となる1列目を狙ったが、僅少0.073秒差で逃した。

「1列目だったら、レースに向けてグッドなリザルトとなっただろう。ポテンシャルがあったけど、不運にも最後のタイヤを渋滞で活かすことができなかった」と、1列目を逃した理由を説明。

「リアタイヤが非常に重要だ。決断しなければいけない。ハードタイヤを考えているけど、天候を確認する必要がある。インディよりも寒いから、体調はすごくいい。左のハードブレーキングでまだ少し肩が痛いけど、それほど悪くない。」

「全てのファンのために、美しいレースがしたい。」

ホームグランプリで恒例となったスペシャルヘルメットについては、「ヘルメットは時間に関するジョーク」と、説明。

「僕はいつも到着時間に遅れるから、遅刻しないようにするため、一番高いところに、大きな時計を置かなければいけない。今回は時間に間に合いたい。」

Tags:
MotoGP, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›